ベビーシッターになる

ひとりひとりの子どもに笑顔で向き合える

“心と体の余裕”を大切に考える
ベビーシッターサービス

ParentSketterは働くママがスタートした、働くママのためのベビーシッターサービス。
預ける気持ちも預かる気持ちもわかるから、
お客様の利便性だけを追求していません。
保育を担うシッターさんの気持ちと子どもの気持ちを大切に、
ひとりひとりの子どもに笑顔で向き合える
“心と体の余裕”が持てる体制を整えています。

人とのつながりや温もりを身近に。

働きやすく、続けやすいParentSketterの特長

わかりやすさと安心感

家事代行、調理など子どもから目が離れるリスクがある業務は親の在宅時と限定することでリスクをなくしています。目の前の子どもに100%向き合えるから、保育者にとってもママにとってもわかりやすく安心です。

悩みはすぐに相談!

お仕事で悩んだときに相談できるアットホームな会社です。人対人の仕事だからこそコミュニケーションを大切に、すべてのシッティング内容を本社と共有。心配なこと、困ったことなどいつでも気軽にご相談いただけます。

続けやすいペースで
お仕事が可能

学業、Wワーク、子育て、介護など、シッターさんの状況に応じてお仕事のペースやボリュームの調整が可能。希望の勤務地域など細かな点もご相談いただけます。無理なく続けられるよう、できる限りのバックアップ体制を整えています。

やること・やらないことをキッパリ

ParentSketterのお仕事内容

事故につながる可能性がある業務はできる限り無くし、
安心してお子様に集中できるようなお仕事内容に限定しています。
だからParentSketterはシッターさんに求めるスキルが明瞭です!
シッターさんがやること
室内遊び/お食事の提供/お着替え/おむつ替え/
お散歩/入浴介助/お風呂(小学生以上)の見守り/
保育園や学童の送迎(未就学児は公共交通機関かタクシー)/
自宅以外(外出先や職場)でのお預かり/病児保育/
乳幼児の沐浴・入浴、宿泊保育/
多言語やお受験対応などの教育シッティング/
やらないこと
家事代行/調理(※子どもを見ながらではなく、専業として提供)
車や自転車での送り迎え/契約外のお子様の保育/
大学生から外国人まで。

バラエティ豊かなシッターさんが活躍中!

託児以外のサービス(ex 家事代行、車での送迎など)が多いほど、
肝心のお子様へのケアが散漫となり、ちょっと目を離した隙にヒヤリとすることがないとも限りません。
資格の有無に関わらず子どもが好きな方なら誰でも安心してお仕事していただけるよう、
ParentSketterではベビーシッターサービスを「託児のみ」に限定し、それ以外のサービスと区別しています。
保育士を志す学生から、子育て孫育てが一段落した主婦、Wワークの方など
バラエティに富んだシッターさんが活躍しています。
自由なワークライフバランスを。

あなたに合った働き方

副業で働く、週末だけ働く、週5日で働く…など、1人1人にあった働き方が可能です。
そのため、家庭や自分の時間を大切にしながら、ご自身のペースで働くことができます。

未経験の方でも安心!

小人数の導入研修で丁寧に指導します。

ParentSketterのシッターは資格不問。子どもが大好きで、空いている時間を有効に活用したい方、
将来に向けて経験を積みたい保育士志望の学生さんなど、シッター候補は随時募集中です。
未経験の方にも丁寧に導入研修を行います。
気になることがあれば、ぜひお気軽にお問合せください。
ベビーシッターの基本
ベビーシッターの役割と責任
ベビーシッターとしての心構え
mormor における業務範囲

ParentSketterの想いと
これからのこと。

女性の社会進出が進み、預け先の選択肢のひとつとして広がりつつあるベビーシッターサービス。
これまでたくさんのお客様とシッターさんに支えられて、一歩一歩成長してまいりました。
そんな中で、依然大きく横たわる様々な問題にも直面しています。

待機児童、小1・小4の壁問題。
「預けられない」をなくしたい

待機児童、小1・小4の壁問題と、子どもの預け先がないことで働きたくても働けない女性がまだまだ多く存在しています。保育施設が足りない、保育士が足りないなど、待機児童問題は遅々として解決に至りません。

その状況で、新たな保育の選択肢として期待されているのが「ベビーシッター」です。会社勤めだけでなく、フリーランスや在宅ワーカーなど、女性の働き方も多様化していく中、既存の保育システムに加えてベビーシッターの活躍の場はますます広がっています。

もっともっと多くの人に、
子育てに関わってもらいたい。

ベビーシッターは国家資格が不要なので幅広い年齢層・ライフステージの人に門戸が開かれた保育のお仕事です。自身のスケジュールによってフレキシブルに働くことができるので、子育て中の主婦、学生、ダブルワークを希望される方にもぴったり。

ますます多様化・複雑化する社会の中で、ParentSketterはもっともっと多くの人に子育てに関わっていただき、未来をつくる子どもたちと、子どもたちを取り巻く環境をより良いものにしていけたら、と想っています。

仕事も家庭も自分時間も。

子供を持つ女性が抱える「不」がたくさんあります。

仕事をしたくでもできない。仕事をしているが子供、家庭のケアが疎かになる。仕事と家庭に追われ、自分の時間が取れない。

ParentSketterはこれからベビーシッターだけではなく、家事代行、おウチでのリラクゼーションなど、仕事も家庭も自分時間も大事にできる世の中の実現に向け、サービス展開していきます。

よくある質問

Q
時給はどのくらい?

⭐️要改善⭐️
一般的に1000円〜1300円程度となりますが、2000〜2500円で予約が殺到するベビーシッターも多くいます。資格をお持ちの場合はさらに優遇されます。ただし、未経験者でもお人柄、育児経験やお子様と接した経験、特技、お住まいの地域などから総合的にみて、多くの依頼を得る方も多々いらっしゃいます。

Q
保育士等の資格を活かせますか?

⭐️要改善⭐️
保育士資格を活かしてベビーシッターとして働く方の時給は少し高め(1300〜2500円)程度に設定される場合が多くなっています。フリーのベビーシッターの場合週に5日程度のペースで働く方が多く、時給2000円で1日8時間、20日間働く場合は月32万円の収入となります。シフトの強制はないためプライベートとバランスを取りながら働くことが可能で、さらに子育て経験をお持ちの方も非常にニーズが高いです。

お問合せ

資格がなくても問題ございません。性別、年齢も不問で子どもと接することが好きな方はぜひ問合せお待ちしております。
子育てに追い詰められているご家族を一緒に助けましょう!
  1. 1
    入力
  2. 2
    確認
  3. 3
    完了
必須  お名前
必須  Eメール
必須  住所
任意  資格、長所
任意  質問事項
予期しない問題が発生しました。後でもう一度やり直すか、他の方法で管理者に連絡してください。